自己紹介

自己紹介

自己紹介

ご覧いただきありがとうございます

かたむらはるき と言います

簡単に自己紹介をさせていただきます

年齢: ぎりぎり昭和生まれ、30代

出身:大阪

職業:建築設計・工事監理(工事監理って何という方はこちら

趣味:ギター(コロナでバンド休止中)

マイブーム:株式投資(Twitterでは投資のつぶやきも多め)

SNS

よろしければフォローをお願いします!

保有資格

一級建築士

被災建築物応急危険度判定士

宅地建物取引士試験合格(登録はしていません)

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)

日本商工会議所簿記検定試験3級

ビジネス会計検定試験3級

金融関係の資格が多めですが、これはただの趣味です

気になった資格は積極的に取得していくタイプです

経歴

幼少時代

アンパンマンやウルトラマンには目もくれず、レゴ・トミカ・プラレールが大好きな幼少時代

その後、ポケモンが大流行する中、最後までミニ四駆で遊び続けていました

今思うと、ものづくりが好きだったんだなと思います

建築を志した中学・高校時代

私の学校は、高校2年で理系・文系が分かれます。その前に将来、どのような職業に就きたいか考え、漠然と自分は「ものづくりがしたい」んだと気づきました

一方で、同じものを作り続けるのは、社会の歯車になっているようで嫌だ、とも感じていました

そんな時、テレビで見たリフォーム番組をきっかけに、建築っておもしろそう!そして、建築なら毎回違うものを作れる!と思い大学の建築学科を目指しました

大学の建築学科時代

大学の建築学科に入学し、設計課題に取り組む日々を送ります

ですが、教授からは私の設計に対して、「おもしろくないよね~」と言われ、考えれば考えるほど、建築のおもしろさとは何かわからなくなってしまいます

建築設計・工事監理の仕事

設計課題の面白さはわからないものの、建築は好きなので、設計関係の仕事に就職し、集合住宅や公共施設の設計・工事監理の仕事を10年以上行っています

就職し気づいたのは、

  • 設計課題ではなく、実際の設計は、現実的でおもしろい
  • 建築は人生において、とても重要な存在である

ということです

実際の設計は、「合理性」と「おもしろさ」を兼ね備える必要があります。大学時代に理解できていなかった「合理性」という基本を学ぶと、「おもしろさ」も見えてきたのです

そして、大規模な建物を設計すると、1日何千人という人が利用します。また、マンションの場合は、そこに何十年も住み続けます。働いてみて、改めて建築の重要性について、気づかされました

ブログ運営の目的

建築の正しい情報をご提供します

非常に残念な話ですが、建築業界は悪徳業者が多い業界です。また、インターネットでも誤った情報が多く見受けられます

このブログでは、正しい情報をご提供するとともに、正しい情報を見極める考え方をお伝えします

建築に興味を持ってもらいたい

建築っておもしろいんです! そして、人々が生活する上でとても重要なものです

でも、日常生活では、ほとんど意識しないですよね?

このブログを見てくださった人が、少しでも建築に興味を持って、

少しでも、建築の楽しさに気づいていただければ嬉しいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました